​松村 咲希

絵画

1993年長野県生まれ、2017年京都造形芸術大学大学院ペインティングコース修了。

私は、世界を感じることを不思議に思う興味を絵画へ向けて制作しています。主にアクリル絵具を使用して、ペインティング、シルクスクリーン、ステンシルなどの複数の技法を組み合わせて描き、コラージュ遊びの時に発見するような歪で整合性の取れない空間の絵画を作っています。

平面作品が持っているある種の錯覚や歪みのような空間性は、現実世界の風景には感じえない多次元的な景色や感覚へのイマジネーションを膨らませてくれます。まだ見ぬものへの想像は、私たちを取り巻く世界との関りと眼差しを変化させ続けることに繋がると信じています。